2010年05月19日

【終了しました】0619-伝統構法を考える勉強会・・・第9回伝統構法とは何かを探る・・・「民家軸組の架構と類型」

伝統構法を考える勉強会
第9回伝統構法とは何かを探る・・・「民家軸組の架構と類型」
 「伝統構法とは何か」「どのように定義されるものなのか」このテーマはいまだ、確たるものを私たちは手に入れていません。日本国内では、この数十年間に多くの重要文化財をはじめとして、各地域に点在する民家の調査、あるいは保存修理、移築工事が行われ、報告書としてまとめられています。これらの成果から手がかりとして“見えてくるもの”があるのではないかと考えます。

 今回は、重要文化財の民家などを対象として、軸組架構の類型を長年に渡り研究されている堀江亨先生に、その研究の成果を解説いただき、軸組の地域性や架構の成り立ちを学びます。

 まず、部材・部位の名称など一般的事項の確認に続き、このテーマに関する既往の研究をレビューします。次に、地域で固有の架構形式を持つ18事例について、地域分布や梁配置から見た分類の考え方、代表事例のいくつかについては、見取り図を用いて詳細な説明をいただきます。そこから見えてくる「単位架構」という提起がどういったものであるのかを考えていきます。
 第9回伝統構法とは何かを探る・・・「民家軸組の架構と類型」
【日 時】平成22年 6月19日(土) 
13:30〜16:30(開場13:00)
【会 場】東京芸術大学美術学部 中央棟2階第3講義室 (台東区上野公園12-8)      
【講
 師】 堀江 亨 氏  日本大学生物資源科学部森林資源科学科准教授 
【定 員】100 名(申込順、定員になり次第締切)
【参加費】
2,000円
【申込・問合せ】これ木連事務局 (NPO日本民家再生協会内 担当:金井)
          
TEL:03-5216-3541 FAX:03-5216-3542
           Eメール:koremoku@e-mail.jp
【案
内・申込書】 
9回伝統構法とは何かを探る・・・「民家軸組の架構と類型」案内・申込み(pdf)

【インターネット申込み】  ◆申込みメールフォーム

【締 切】6月17日(水)
      参加者1 名ごとに、氏名、所属、電話、ファクス、メールアドレスを明記のこと。
【主
 催】これからの木造住宅を考える連絡会 
posted by これ木連 at 13:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック