2010年04月26日

【終了しました】0508- 伝統構法を考える勉強会・・・第8回「継手・仕口の歴史的変遷と耐震化架構体の考案」

伝統構法を考える勉強会
第8回「継手・仕口の歴史的変遷と耐震化架構体の考案」20100508_benkyoukai02.jpg
 「構造即意匠」を特質とする日本の伝統木造建築は、設計に際して、意匠と構造の問題を同時に解決していくことが求められる。しかし、構造的には不明な部分が多く、伝統木造の利点を現代に活かすためには、耐震化の道は避けて通れない。
 そこで、建築基準法の性能規定化をも視野に入れながら、伝統木造建築を新たに設計するという視点に立って、伝統木造の耐震化について二回に渡って語る。
 全体の内容は「継手・仕口の研究」「耐震化架構体の考案」「実大実験による実証」「耐震要素別実験」「限界耐力計算による耐震性能評価」について、実例を挙げながら語っていく。
 第一回目は伝統木造耐震化の要である継手・仕口について、歴史的考察を試み、歴史的建造物の中に優れた構法を発見し、現代の構造力学的観点から改良を加え、新たに耐震化架構体を考案し、更にその耐震性能を実大実験により実証するまでを実例を交えて語る。

【日 時】平成22年 5月8日(土) 13:30〜16:30(開場13:00)
【会 場】東京芸術大学美術学部 中央棟2階第3講義室 (台東区上野公園12-8)    
【講 師】 木内 修 氏 木内修建築設計事務所代表
【定 員】100 名(申込順、定員になり次第締切)
【参加費】2,000円
【申込・問合せ】これ木連事務局 (NPO日本民家再生協会内 担当:金井)
         TEL:03−5216−3541 FAX:03−5216−3542
         Eメール:koremoku@e-mail.jp
【案内・申込書】  第8回「継手・仕口の歴史的変遷と耐震化架構体の考案」案内・申込み(pdf)
【インターネット申込み】  ◆申込みメールフォーム◆
【締 切】5月6日(木)  参加者1 名ごとに、氏名、所属、電話、ファクス、メールアドレスを明記のこと。
【主 催】これからの木造住宅を考える連絡会 
タグ:伝統構法
posted by これ木連 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック