■お知ら せ・活動報告■

2018年05月08日

学芸セミナー(in 東京)『耐震木造技術の近現代史』刊行記念 「伝統木造建築の英知とは」…6/6

学芸セミナー(in 東京)『耐震木造技術の近現代史』刊行記念
「伝統木造建築の英知とは」

関西大学環境都市工学部建築学科教授 西澤英和

 
taishin mokuzou gijyutu.png

   伝統木造家屋は激震に耐えた!

 先人は苛酷な震災に遭遇するたびに、
 修理を通して耐震技術を蓄積してきた。
 にもかかわらず、在来木造の被害はなぜ繰り返されるのか?
 深刻化する技術基盤の断絶の要因を歴史に探り、
 地震国日本が培った木造技術の英知について、
 ゲストに後藤治先生をお迎えし、ともに語り合いましょう。

◎プログラム
  17:30  開場、受付
  18:00  開演
        「伝統木造建築の英知とは」 西澤英和
        (ゲスト)後藤治(工学院大学理事長)
         質疑応答
  20:00  終了予定
      司会:山本玲子
             (NPO法人全国町並み保存連盟事務局長・歴史的建築物活用ネットワーク事務局) 

【日 時】2018年6月6日(水) 18:00〜20:00(17:30開場)
【場 所】湯島天神 梅香殿 2F(〒113-0034 東京都文京区湯島3-29-5)
     当日連絡先:080-1080-7065(山本)
     
【会 費】1000円
     本をご持参の方または、当日ご購入の方は無料になります。
     西澤英和著『耐震木造技術の近現代史』(学芸出版社)を
     お持ちの方は、必ずご持参ください。
【定 員】50名
【主 催】学芸出版社
【協 力】公益社団法人 日本建築家協会再生部会
     これからの木造住宅を考える連絡会
     歴史的建築物活用ネットワーク HARNET
【申込・問合わせ】 学芸出版社ホームページへ
posted by これ木連 at 10:27 | Comment(0) | 関連団体のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

普請文化フォーラム2018〜未来へ継承すべき伝統建築・石垣普請・造園技術」…4/28

  普請文化フォーラム2018

  未来へ継承すべき伝統建築・石垣普請・造園技術


【開催主旨】
 本年2月7日 (水) に開催された文化審議会無形文化遺産部会において ユネスコ無形文化遺産 (人類の無形文化遺産の代表的な 一 覧表) へ の「伝統建築工匠技:木造建造物を受け継ぐための伝統技術」 が 2020年の 提案候補として選定されました。

 ※[文化庁]平成29年度におけるユネスコ無形文化遺産への提案候補の選定について
  http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/1401098.html

 しかし、日本建築を支える伝統技術を継承する個人や法人、団体は数多くあり、その 「伝統建築工匠の技」 の申請範囲を伝統木造新築技術や庭園や石垣の技術にまで広げることを目指して、皆様の賛同の元で、政府に要望したいと思います。
 伝統建築、庭園、石垣の技術などの総体として「普請」という言葉を復活させて今回の「普請文化フォーラム」を企画しました。
 
【日 時】2018年4月28日(土)13時〜16時(受付開始12時/開場12時半)
【場 所】明治大学アカデミーホール(東京都千代田区神田駿河台1−1)
【参加費】1,000円
【詳細・参加の申し込み】 http://dentoh-isan.jp/meijisympo-entry

posted by これ木連 at 16:21 | Comment(0) | 関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

「伝統建築工匠の技:木造建造物を受け継ぐための伝統技術」平成29年度ユネスコ無形文化遺産への提案候補に選定

平成30年2月7日
2月7日(水)に開催された文化審議会無形文化遺産部会において,「伝統建築工匠の技:木造建造物を受け継ぐための伝統技術」が本年度のユネスコ無形文化遺産(人類の無形文化遺産の代表的な一覧表)への提案候補として選定されましたので,お知らせいたします。
選定保存技術からの提案は,今回初めてとなります。
なお,「伝統建築工匠の技:木造建造物を受け継ぐための伝統技術」の提案については,無形文化遺産保護条約関係省庁連絡会議(2月中旬以降開催予定)において審議の上,3月末にユネスコに提案書を提出する予定です。
posted by これ木連 at 18:32 | Comment(0) | 関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

平成29年度サステナブル建築物等先導事業(気候風土適応型)提案の募集受付(第1回)開始〜気候風土に応じた木造住宅の低炭素化に係る先導的なプロジェクトを支援〜

国土交通省は、8月1日から平成29年度サステナブル建築物等先導事業(気候風土適応型)の提案の募集受付(第1回)を開始。
 
【1.対象事業】
 地域の気候風土に応じた木造建築技術を活用し伝統的な住文化を継承しつつも、現行の省エネルギー基準では評価が難しい環境負荷低減対策等により、長期優良住宅又は低炭素住宅と同程度の性能と評価される住宅の建設事業(モデル性、先導性が高いプロジェクトとして評価委員会により選定されたもの)

【2.公募期間】
 ・第1回受付:平成29年 8月 1日(火)〜 平成29年 9月15日(金)(消印有効)
 ・第2回受付:平成29年10月16日(月)〜 平成29年11月15日(水)(予定)

※詳しくは以下をご覧ください。
■(一社)環境共生住宅推進協議会HP: http://kkj.or.jp/kikouhuudo/index.html
posted by これ木連 at 00:00 | Comment(0) | 関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

サステナブル建築物等先導事業(気候風土適応型) 平成28年度 採択結果講評について

平成28年度 サステナブル先導事業(気候風土適応型)>全体公表
http://www.sendo-shien.jp/kikou_28/comment/
posted by これ木連 at 12:50 | Comment(0) | 関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

【パブコメ】建築物の地震に対する安全性を確かめるために必要な構造計算の基準を定める件等の一部を改正する件… 締切:4/28


・案の公示日:2017年03月30日  
・情報受付締切日:2017年04月28日

以下の告示をそれぞれ改正する告示案です。
  • 枠組壁工法又は木質プレハブ工法を用いた建築物又は建築物の構造部分の構造方法に関する安全上必要な技術的基準を定める件
  • 構造耐力上主要な部分である壁及び床版に、枠組壁工法により設けられるものを用いる場合における技術的基準に適合する当該壁及び床版の構造方法を定める件
  • 木造の継手及び仕口の構造方法を定める件
  • 建築基準法施行令第四十六条第四項表一(一)項から(七)項までに掲げる軸組と同等以上の耐力を有する軸組及び当該軸組に係る倍率の数値を定める件
  • 建築物の地震に対する安全性を確かめるために必要な構造計算の基準を定める件
posted by これ木連 at 23:01 | Comment(0) | 関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする